<< ふぅ・・・ | main | 模様変えしました。 >>
イソジンと唐辛子
濾過バクテリアに感動したのも束の間。
実は、市販のバクテリアを投入しただけでは完全な濾過は出来ておらず、
猛毒→有毒になる程度だった事を知りました。
この有毒な水を、金魚の住みやすい完全に無害化した水にするには、
市販のバクテリアには入ってないバクテリアが自然発生するのを待たなきゃダメだそうで、このバクテリアが増えるのには、1ヶ月ほどかかるそう。
水が透き通っただけで喜んじゃってたけど、
金魚は大変な思いをしてたんですねぇ。
可哀想な事をしちゃったなぁ・・・(でも、今も元気に成長中)

と、そんな中、先日近所のお祭りに行った際、
何も知らずに呑気に金魚すくいなんてやっちゃって、
また金魚を増やしちゃいました。

お祭りの金魚は追い掛け回されるストレスから、
元々かなり弱っているそうで、
水合わせ(水温や新しい水質に慣らす作業)を慎重にやったというのに、
ヒレが裂けた子、充血してる子、
目立った症状は無いけど明らかに元気の無い子…と、
健康な子が見当たらない状態からのスタートになりました。

とりあえず、
金魚用の薬で治療を開始したグループ(尾腐れ病組)と、
民間療法(?)のイソジン浴を開始したグループ(充血組)
の、2つに分けたのですが、
不思議な事に、金魚用の薬グループは残念な結果になってしまい(涙)、
「ホントにこんな方法で大丈夫なのかしら?」だったイソジン浴の子は、
すっかり元気イッパイに!

とはいえ、それで ひと安心と思ったら油断は禁物。

今度はヒレに無数の点(寄生虫?)が現れる「白点病」になってしまい、
頭を抱えることに・・・(困)
あんまり薬漬けにするのは可哀想だけど、治らないのはもっと可哀想。
悩んだ末、またまた民間療法の「唐辛子」を使ってみることにしました。

やり方はとっても簡単で、市販の唐辛子の種を抜き、
適当な大きさに切ったらネットに入れて水槽にポイ。
殺菌作用?カプサイシン効果?
理由はハッキリわからないけど、これまた不思議なもので、
翌日には体にまで広がっていた点が明らかに減り、
3日後にはスッカリ綺麗に。
今度こそ元気イッパイになりました。
(白点病用の薬も持ってたんだけど、使わずに済んでホントに良かった!)

イソジン浴も、1リットルに対して2、3滴イソジンを垂らした水に、
5分泳がせたら水槽に戻すという簡単な方法だったのに
驚くような効果が出たし、金魚飼育も奥が深いというか何というか…
今回も、何でも勉強無しに気軽には連れてこれないんだなぁ
と、痛感した次第です。

お祭りでは「オマケ」だと言われ、
メダカも頂いたんだけど(この子達も元気!)
数日前から毎日卵を産んでくれているので、
なんとか孵化して、増えていって、
金魚と並んで水槽の「主役」になって欲しいところ。
エサ用とかオマケなんて言われちゃっても、
負けずに大きくなるんだよー!(魚達へ)
| LIFEのこと |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
最近の記事
CATEGORIES
PROFILE