<< 役に立つかも?その2「非常持ち出し袋/人用」 | main | 近況などを少し(役に立たないほうの情報) >>
役に立つかも?その3「非常持ち出し袋/猫用」
ライブ行きたいなー(ボソリ)

今回は、非常持ち出し袋ペット編にしようかと思ってたんですが、実際に準備をしてないワンちゃんの持ち物を書くのは無責任な気がしちゃったので、「猫」に限定する事にしました。
とはいえ「コレさえ揃えれば安心!」ということではなく、書き足りてないモノ、もっと良い方法もあると思いますし、猫の個性(習性?)によっても内容が変わってくると思いますので、その辺りも考慮しつつ参考にして頂けたら、と思います。

/// フード/水/(余裕があれば)おやつ類/食器類 ///
「フード」
普段から口にしているもので、未開封のもの(酸化防止のため)がベター。
我が家では、定期チェックを忘れがちなので、フードのまとめ買いをした際、持ち出し袋に入れたフード(前回購入分)と新たに購入したもの交換するようにしてます。
しかし、2kgパックを丸ごと入れてるので重い・・・!
忘れずに定期交換できる方なら、非常用として別途「少量パック」を購入するほうが賢明かもしれません。

ただ万が一 避難となった場合、ペットの救援物資は後回しになってしまうことも考えられるので、人用よりは多めに準備したほうがいいかもしれません。
「療治食」が必要な場合や、「特定のフード」しか受け付けない場合などは、更に援助が遅れることもあるので、その辺りも考慮を。
また、余裕がある場合は「おやつ」もいいかも。こちらも、普段から口にしているものを。

では、コレ以降は「続きを読む」からどうぞー。
続き・・・

「水」
水道水や軟水と、普段通りのもので。

授乳期間中/離乳中の子猫の場合は、
「粉ミルク」と一緒に、「ペット用ウォーター」か、なるべくミネラル成分を含まない「水(軟水)」「哺乳瓶orお皿(飲める子)」、洗浄用の「除菌シート」等を1セットで準備しておきたいところ。
「離乳食の缶詰」も市販されています。

「食器」
軽量で割れないものであれば何でも良さそう?
ウチは、ご飯一膳分が入るサイズの「小さいタッパー」「ひと周り大きいタッパー」に入れて(マトリョーシカ方式?)フード用と水入れ用として準備してます。
中には、小袋のおやつや、オモチャ等の小物を入れてます。

/// トイレ用品 ///
「猫トイレ」「プラケース」や「ダンボール」など
普段使用してるいる使い慣れているモノを持ち出せればいいのですが、避難所ではケージの中に「トイレ」「寝具」「フード」の全てを入れる事を想定したほうがよいので、ケージに入れても他のスペースが確保できるサイズの「プラケース」や「ダンボール」など、ある程度深さのある箱型のものを準備するのが良さそう。

「猫砂」「ペットシーツ」「新聞紙」
も普段のモノが理想的なのですが、重量のある鉱物系等になると、やはり持ち出しには無理があります。
「ペットシーツ」を下に敷き、「新聞紙」を細長くカットしたものをワッサワッサ入れても代用可能だそうです。(デリケートなプレゼントをラッピングする際に敷く、モサモサしたペーパーみたいなイメージ?)

「お掃除用のビニール袋」
汚れていると用を足さなくなるので、普段通りのお掃除をしてあげたいところ。

と、いうのが一般的なようなんですが・・・。
多分、ウチのナゴさん、代用品では警戒して用を足さない気がします。
で、オシッコを濃縮して、回数を減らすようにできてる猫の体質上、用を足さない=膀胱炎へまっしぐら!という、困った事態を招くことになります。(丸1日出ないだけで危険)
非常事態に体調を崩されるのは絶対に避けたいところ。
なので、我が家は、ジップロックした「猫砂(悲しいかな、鉱物系…)」「ペットシーツ」「新聞紙」「処理用ビニール袋」を、「プラケース」イッパイに詰め込んで、トイレ用品だけの荷物を1つ作っています。
(実際に持ち出せるのか?は不明ですが、トイレ丸ごとよりはコンパクト・・・気合いでなんとか・・・)

トイレはフードよりも悩ましいかもしれません。
砂は種類も好みもあるし、猫さんの性格とも相談が必要なので、持ち出せるサイズと並行して考慮しつつ準備するのが良さそうですねぇ。

/// 衛生用品 ///
「外傷用」「内服用」「常備薬」など
人間用は使えない場合がほとんどなので、動物用を準備。
避難所の状況を考えると「ノミ取り薬(フロントライン)」も欲しいところ。

ちなみに「ノミ取り用品」として市販されているものは(個人的には)オススメしません。
殺虫剤と同じ成分が配合されているなど、病院で処方されるものとは成分、安全性が異なるためです。(チムさん(以前、家族だった犬)は、ノミ取り首輪で嘔吐が止まらなくなり、即使用を中止したこともあります)

/// キャリーケース関連 ///
主役を運ぶ方法も肝心。
抱いて連れ出すのは最終的な手段として、迷子防止のためにも日頃、外出に使用している「キャリーケース」に入ってもらうのがベター。
病院のトラウマなどでケース嫌いになっている子には、普段からベッドに使用してもらうなどして慣れてもらうことも重要。
また、「ペットシーツ」の上に「マット」を敷くいつもの準備の他に、「リードorハーネス(胴輪)」「軍手(滑り止め付き)」「おやつ」「洗濯ネット」などを一緒にしておくといいかも。

「軍手
普段と違う様子に警戒して暴れたり、噛み付きそうになっている子を捕まえる時や、重いケースを運ぶ時に便利。

「洗濯ネット」
狭い空間に入ることで安心する子も居ます。
動物病院などでも紹介してる小技。(但し、サイズに注意。体格に見合ったものを!)

「おやつ」
すんなりケースに入ってもらうために要るかも?要らないかも?

「リード」「ハーネス」
ケースから脱走防止策ですが、付けてケースに入れる場合は、絡まらないような配慮も必要。

「キャリー収納バッグ」
コレは個人的に欲しくて、作ったもの。
その子の体重や、キャリーの形状によっては必要ない方も多いはず。
ウチはプラスチックのハードタイプキャリーなんですが、本来ケースに付いている取っ手が、総重量に耐えうる設定にはなってない事を知りまして・・・。
今までナゴ入りで持ち歩き、事故も無かったけど、知った以上は改善しようかと。
そうでなくても、日頃から手は痛いし、必要以上に重たくて不便だったので。
スッポリ入れるだけで目隠しになってナゴも安心するし、持ち手を幅広くすることで、ずいぶん体感重量は軽くなった・・・気がする。(十分まだ重いけど)

もし、ウチも!という方がいらっしゃったら、市販のバッグでも製作される場合でも、
「取れない(モゲない)持ち手」「抜けない底」「頑丈な素材」を、重視してください。

/// その他 準備しておきたいモノやコト ///
「迷子札付きの首輪」「マイクロチップ」&「リード」「ハーネス」など
連絡先を、札やキーホルダーに記載して首輪に付けておいたり、首輪に直接書いておけば万が一でも連絡を頂ける可能性がグッとあがります。
また、首輪をしていることで、飼い猫だとわかる利点も。

但し、矛盾しているようですが、猫の首輪は簡単に取れるものが良いので(体が柔軟で、高所や狭い場所を通り抜けるため、首輪が引っかかった場合に外れないと事故を招く危険があります)
付ける時は、
・ 指が2〜3本入る程度の余裕を持たせる
・ 伸縮する構造か素材のものを選ぶ
・ 「ある程度の重さで外れる設計のバックル」が付いたタイプを選ぶ
など、いずれかの配慮が必要。

なので基本的には、走り回る子の首輪に「リード」を付けるのが不向きなようです。
胸〜背中をカバーできる「ハーネス」なら、着脱しにくく安心かもしれません。
(日常的には付けられず、嫌がる子も多いというデメリットもありますが・・・)
この「リード」「ハーネス」については必ず要るモノでは無いかもしれませんが、前述のとおり脱走防止の目的の他にも、ちょっと外に出してあげたい時にもあると便利です。

「マイクロチップ」は専用の注射器で体に埋め込んでもらうもの。
チップには個体情報が入っていて、専用の読み取り機で確認が出来ます。
こちらもデメリットがあるので十分な考慮は必要ですが、首輪と違って無くなってしまう心配が無いので、検討してみるのも良いかもしれません。
最近ではペットショップでも装着済みの子が居たりするので、近い将来、飼い主の常識になるかも??

「市町村や地元自治体に、避難時のペットの対応策の確認」
避難所にはペット禁止の場所もあります。
逆に、横浜市などのように、キャリーやフードなどの備蓄が考えられている場所もあります。
各市町村や自治体によってペットに対する考え方、対策が大きく違いますので、お住まいの地域の方針や、ペット可の避難所を確認しておくことをオススメします。

今回も、避難所に入れず倒壊しかけた家屋や車でペットと過ごす方や、やむを得ず保健所やボランティアに預かりを頼む方が多くいらっしゃるそうです。
事前に認識しておくことで回避できるかもしれませんし、何か策を練れるかもしれませんので、是非一度確認してみて下さい。
--------------------------------- 
以上。
今回も長文にお付き合い頂き、ありがとうございました。
また何か忘れてたら、追記します。

(で、長いついでにグチみたいな余談)

「緊急時には猫を放す」という意見を何度か見聞きしました。
「やむを得ず」の程度には個人差もあるし、本当に助ける余裕が無い場合もあると思うので、その判断を一概に悪いコトだ、とは言えません。
ただ(あくまでも)私が聞いた中には「野生の勘で生き延びてもらえればいいかな、と…」という思いで放すことを選択する方もいました。
「私にベッタリの、とても可愛い子なんですよ」「家族なんです」
直前までそう言ってたのに。

元々野良だったのなら、野生の勘とやらも残ってるのかもしれないけど・・・
母親から「猫としての生き方」を教わらず、人と共生していくことしか知らないのなら?と思うと、なんか腑に落ちないんですよねー。
テリトリーが家なんですもん。ご飯も水も、探さなくたって出てきてたんだし。猫だって自覚すら無いかもしれない。車や他人が怖いことも知らないだろうし。

見解の違いや、温度差はね。
こういう時はこの件だけじゃなく、それこそもう いろーんな場面で感じる事だから、どうしょもないんです。
家族の中でさえ相違が生まれるんだし。何が正解かもわからない。
そもそも私だって「その時の状況に応じて、最善と思われる選択をしたい」っていう、なんとも漠然とした考えしかないし。
でもなんか、ちょっと引っかかってたので書いてみました。
ペット編なだけに。

・・・さて、次回は何を書こうかなー。ライブ行きたいなー(2度目)
| その他 |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
最近の記事
CATEGORIES
PROFILE